髪がダメージする原因


前回は髪のダメージについて
お話ししてきました。
髪のダメージとは?
 
今回は、その続きになります。
 
髪がダメージする原因には
どんなものがあるのでしょうか。
 
意外と知らない、髪が傷む
原因についてお話ししていきます。
 
①美容師による、カラーやパーマ
②シャンプーによるダメージ
③ドライヤーによるダメージ
④スタイリング時のアイロン
やコテによるダメージ
⑤紫外線や外的要因による
ダメージ
 
それぞれ、詳しくみていきます。
 

髪がダメージする原因

「①美容師によるカラーやパーマによるダメージ」
o0480072213249622714
髪に与えるダメージの中でも
美容師によるカラーリングや
パーマ、縮毛矯正などは
ダメージレベルが高いです。
 
特に、縮毛矯正やブリーチ
などは注意しないと
ダメージレベルMAXに
なってしまい
取り返しのつかない
状態にまでなってしまいます。
 
髪のダメージは、見た目よりも
進行していることもあります。
 
「②シャンプーによるダメージ」
image
シャンプーによってもダメージして
しまう場合もあります。
 
髪は濡れている状態だと
ダメージしやすくなっています。
 
濡れている髪は、とても繊細
なのでシャンプーによる摩擦
でもダメージしてしまいます。
 
後はタオルでタオルドライする
時も必要以上にゴシゴシと
こするとダメージにつながります。
 
「③ドライヤーによるダメージ」
719d84c3097782b87ef9383d600c8ae6_s
ドライヤーで乾かす際にも
注意が必要です。
 
オーバードライで
乾かし過ぎてしまうと
髪が傷む原因となります。
 
乾かさずに濡れた髪のままの
状態でもダメージしやすくなります。
 
「④スタイリング時のアイロンやコテによるダメージ」
81bbde47ab4609da6ac6bd189f94c3df_s
スタイリング時のアイロンや
コテも、毎日行う事で
ダメージの原因となります。
 
髪に、アイロンやコテを使う
という事は
 
ワイシャツにアイロンをかける
ようなイメージです。
 
特に高温で、毎日巻き髪や
ストレートにしているのであれば
髪が乾燥してダメージしていまいます。
 
「⑤紫外線などの外的要因によるダメージ」
459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s
紫外線もダメージの原因になります。
 
髪は紫外線を吸収しやすいので
それにより、髪内部のバランス
がくずれて
髪が傷んでしまいます。
 
日差しが強いビーチや
リゾート地などに
行く時には、注意が必要です。
 

ダメージの原因は様々

 
こうやってみてみると
髪がダメージする原因は
カラーやパーマ、縮毛矯正など
から日常生活でのダメージ
までありました。
 
ダメージの原因を知る事により
どうすれば
ダメージを防ぐ事ができるのか
が分かります。
 
次回は出来るだけダメージを
防ぐ方法について
ご紹介していきます。
The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/グロースハッカー 日々の何気ない出来事やヘアメイク・ヘアケア情報などなど、個人・美容師・プロデューサーとして感じたことを発信しています。 「何をやりたいか?」で今を選んでいき、毎日の喜びを誰かと分かち合えれば幸いです。
2016-05-13 | Posted in ヘアケアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment