”舟を編む”を読んで。


本屋で目にとまった本。
そしてずっと読んでみたかった本。
それが三浦しをんさんの”舟を編む”。

img_9918-1.jpg

映画化もされた名作

映画化されたり
雑誌で連載されたりして話題に
なった小説です。
映画はみてないので、みてみたい
と思います。

本屋に行くといつも目についていた
三浦しをんさんの小説ですが
ついに手に取る事になりました。

ストーリーの面白さもそうですが
印象的だったのが、洗練された
言葉の数々。

そこから伝わる情景が読んでいて
心地よく素晴らしかったです。

ネタバレになるのであまり多くは
語りませんが 辞書の編纂を描いた
小説の中で
印象に残った言葉があったので
紹介します。

あかり【明かり】という言葉です。

あかり【明かり】という言葉には
光や灯火だけではなく
証の意味もある。

普段何気なく使っている言葉にも
いろいろな意味があり、
日本語 の中でも知らない言葉や意味も
あるなと感じました。

”舟を編む” 大好きな小説になりました。
オススメです。

三浦しをんさんの他の作品も
読んでみます。

The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/フリーランスシェアサロンを展開しています。フリーランス美容師を「美容師の新しい働き方」として提案し、これからの美容師のゴールを見据えて様々な形のフリーランスシェアサロンをプロデュースします。
2016-04-24 |最終更新日: 2016/4/25(月) Posted in bookNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment