美容師の働き方の選択肢は多くなっている


美容師の働き方は、最近になって多様化してきています。

以前は、美容学校を卒業して美容室に就職しアシスタントの修行期間を経て一人前の技術者となりスタイリストとしてデビューする。そして数年から10年ほど勤めた後に独立して自分のサロンをオープンする。

このような流れが、一般的でした。

しかし、今は様々な形態の美容室があるので美容師としてのキャリアを考えるときに働き方の選択肢は多くなっています。

サロンと業務委託契約を結び、売上の50%を報酬として貰う仕組みやフリーランスサロンなどもあります。

フリーランス美容師としての働き方を詳しく知りたい方は、「フリーランス美容師の教科書」を書きましたので是非ご覧ください。

87D42C37-B631-41AF-B979-2920B6166C79

「美容師の働き方について」

美容師の働き方は、大きく分けて3つあります。

・会社に勤める
・個人で独立開業する
・フリーランスになる

今回は「会社に勤める」という働き方についてコラムで書いているので読んでみてください。
↓↓
「美容師の働き方について」

これからは、自分の目指す美容師像によって働き方を選べるようになります。もっと視野を広げる意味でも新しい働き方を考えて見ても良いと思います。

「フリーランス美容師の教科書」

A564BEA6-544F-47E4-8006-F4B430D1CC6F

The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/フリーランスシェアサロンを展開しています。フリーランス美容師を「美容師の新しい働き方」として提案し、これからの美容師のゴールを見据えて様々な形のフリーランスシェアサロンをプロデュースします。
2019-11-09 |最終更新日: 2019/11/9(土) Posted in フリーランスのススメ。No Comments » 

関連記事

Comment





Comment