自分で選び抜いた薬剤、ヘアケア剤、スタイリング剤のみを使用しています


美容院での施術では、カラーリングやパーマ
などで
薬剤を使います。

その使用する薬剤によってそれぞれに特徴
があり
どの薬剤を使うかによって
ヘアスタイルの仕上がりが
違ってきます。

 一般的な美容院では、取り引きをする
メーカーさんや
ディーラーさんが決まって
いることが多いので
扱える薬剤が
限られてきます。

 そうすると、本当に使いたい薬剤が
使えなかったりします。

そもそも限られたメーカーさんの商品の講習
をメインに
勉強するので、
そこで働く美容師さんの知識がかたよって
しまう
という事もあります。

 本当に良いと思った薬剤だけを使う

私は、メーカーさんやディーラーさん
に限らず
自身で選び抜いた薬剤や
スタイリング剤、ヘアケア剤などを
使用しています。

IMG_6562

自分で使ってみて
本当に良いと思ったものだけ
を厳選して提供しています。

薬剤は、「カラーリング剤」ひとつを
とっても莫大な量が
あります。
その中から情報を収集し実際に試してみて
1番良いお薬を見つけていきます。 

この作業は、正直骨が折れましたが…

「納得の薬剤を使って最高の技術を提供したい」

との思いからメーカーさんの講習を受けたり
信頼できる美容師仲間からオススメの薬剤
を教えて
もらったりして現在使用している
薬剤に至ります。
 

o0480047713547229279

本気になって探せば理想の薬剤は
見つかります。
見つからなければ作る事もできます。 

この経験を通して分かったことが、
本当に良い物というのは一朝一夕で
見つかるものではないということです。
 

インターネットで検索すれば膨大な情報を
得ることができますが、
今回の薬剤の話で
言いますと、その中で有益な情報というのは
ほんの一握りです。 

カラー剤やパーマ剤などの製品を
紹介しているホームページなどは
基本的に
良いことしか記載していないので実際に
使用してみないと
分かりません。 

メーカーさんも他の製品と比べることもない
でしょうし、美容師さん
にしても
自分がずっと使ってきているものが
1番だと思っている
人が多いです。

もちろん薬剤の選定だけが技術ではない
と思います。
その薬剤を使うやり方、使う人によって
仕上がりは10にも100にもなります。

しかし、
薬剤によって仕上がりが変わるのも事実です。
ダメージが少ないものを使ったほうが髪に
負担がかからずにキレイに仕上がる
というのは当たり前ですよね。
 

選び抜かれた薬剤

数年前に化粧品登録のパーマ剤が出ました。
このパーマ剤を使うとキレイにパーマが
かかる
うえにダメージも
少ない
という優れもの。

しかもパーマが取れにくい。
本当に画期的なパーマ剤の登場でした。

 この薬が出るまでのパーマは、
かかりにくいしすぐ取れる。
しかも
ダメージが残る。
といった印象が強かったのですが
新しい薬は、ダメージも抑えられますし
パーマやカラーをしたことがない人でも
綺麗にかかります。
 

「もうこの薬なしでは、パーマしたくありません。」

 と言うくらい、良い薬です。
もしこの薬剤に出会ってなければ確実に
パーマの仕上がりは
変わっていたでしょう。

現在、私が使用している薬剤は、
本気で選び抜かれた薬剤たちです。

eaf019_a08d8e63dec346b8a2a427d2a86a2858

自身を持ってその効果を提供できます。

薬剤もどんどん進化しています。
頭皮への刺激が少なくなっていたり
髪へのダメージが
軽減されていたり
と常に新製品が登場しています。
 

新しい製品がすべて良いものとは
思っていません。

薬剤の効果が
お客様にとって最高の仕上がりを
期待できるか
どうかが大切です。

今後も現在使っている薬剤よりも
仕上がりの効果が優れるものが登場
したらすぐに取り入れられる
ように常にアンテナを張っておきます。

The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/グロースハッカー 日々の何気ない出来事やヘアメイク・ヘアケア情報などなど、個人・美容師・プロデューサーとして感じたことを発信しています。 「何をやりたいか?」で今を選んでいき、毎日の喜びを誰かと分かち合えれば幸いです。
2016-08-31 | Posted in hairdresser, ヘアケアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment