美容師個人にスポットがあたってきている


もう書かなくても、気付いてると思うのですが

会社より個人なんです。

個人で仕事していける時代なんです。特に美容師はそう。

だから私も、個人を追求し
”自分らしく”いきたいと思います。

ブランドを求めて美容室にいくのか?違いますよね。

お気に入りの美容師さんに担当してもらう為に、美容室に行くんです。

常識を疑え

これからは、フリーの時代。
自分の活動を日々の行動を通じてアップデートしていきながら
ネットにも同時にアウトプットしていく。

知り合いが経営してるカフェとマニュアルでチェーン展開しているカフェ
どちらにいきたいでしょうか?

私は、知っている人の所にいきたし、そこで知人と話をしたいと思います。

それは、居心地が良いからです。

シェアサロンにいると、お客さまと美容師の距離が近いんです。
もう友だちなのか新規でご来店頂いた、お客さまなのか区別がつかないくらいに。
これホントです。

何でそうなるのか?というと

発信しているからなんです。自分の技術や考え、プライベートなど美容師個人の
アイデンティティみたいなものをアウトプットしているから
それを見たお客さまは、この人の所にいきたいとなるわけです。

先日、知り合いのサロンに訪問した時。

なんだか違和感を感じたんです。

その美容室は、受付のスタッフがいてアシスタントがいてマネージャーがいて
店長がいてチーフがいて、たまにオーナーもきて…

みたいな数店舗経営しているような美容室でした。

自分自身もそういった環境で働いていたこともあるので、わかるのですが
なんとなく働かされているな〜感が伝わってきたのです。

これは、何かをされたというわけではなく。雰囲気というか空気というか
具体的に何とは言えないんですが…

サロン内もキレイに整っていて、スタッフも清潔感があるのですが、
なんとなく冷たく感じてしまいました。

長くそういった環境にいなかったから感じたのかもしれません。

これまでの美容師の常識は疑うべきです。

サロンのルールなんて言うものは、その会社内だけで他では通用しません。

それよりも、もっと美容師らしい
もっと自分らしい働き方をしていいんだと思います。

The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/グロースハッカー 日々の何気ない出来事やヘアメイク・ヘアケア情報などなど、個人・美容師・プロデューサーとして感じたことを発信しています。 「何をやりたいか?」で今を選んでいき、毎日の喜びを誰かと分かち合えれば幸いです。
2017-07-25 | Posted in hairdresserNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment