髪のダメージを防ぐ方法


今回は「髪のダメージを防ぐ方法」
についてお話ししていきます。
 
前回、前々回と
「髪のダメージ」
「髪のダメージの原因」
についてお話ししてきました。
 
この2つを知ることで
どうやればダメージを防ぐ
ことができるかが
分かってきます。
 
前回の記事はこちら。
 
 
すでに
過去の記事でもお伝えして
いる内容なのですが
 
この「髪のダメージを防ぐ」と
いう考え方が
正しいヘアケアのやり方へ
とつながっていて
とても大事な部分になり
ますので
しっかりとお伝えしていきます。
 
①カラーやパーマ、繰り返し
の施術は避ける
②ヘアケアの大切さを知る
③正しいヘアケアのやり方を知る
④正しいヘアケアを毎日する
 
それぞれ詳しくみていきます。
 

髪のダメージを防ぐ方法

bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_m

「①カラーやパーマ、繰り返しの施術は避ける」
 
カラーリングやパーマを繰り返し
行うことにより
見た目よりも髪のダメージは
大きくなり
パサつき、切れ毛の原因と
なります。
 
カラーリングはリタッチに
するなど、出来るだけ
繰り返しの施術は避ける
ことをオススメします!
 
リタッチカラーをすることで
髪が根元から生えて伸びて毛先に
なるまで1回のカラーリングで
すみます。
 
ショートヘアでも根元から毛先まで
の長さは10センチはある
ので、毎回全体にカラーを
していたら10回分ダメージ
してしまいます。
 
そういった意味でも
長い目でみてリタッチカラーを
オススメしています。
リタッチカラーのメリット
 
「②ヘアケアの大切さを知る」
 
そして、ヘアケアの大切を
知る事です。
 
ヘアケアは髪のコンディションに
影響してきます。
 
もう一度、ヘアケアの大切さ
を確認してみてください。
ヘアケアの大切さ
 
「③正しいヘアケアのやり方を知る」
毎日、やっているヘアケアが
実はダメージの原因になって
いたりします。
正しいヘアケアのやり方を
知ってダメージを防ぎ
ましょう。
 
「④正しいヘアケアを毎日する」
 
この正しいヘアケアを毎日行う
ことで髪のコンディションは
整います。
 
とてもシンプルなので
ヘアケアのやり方を見直して
ダメージケアに役立ててください。
正しいヘアケアを続けると…
 

毎日続ける

 
とてもシンプルですが上記の
ことを頭に入れて
 
無理なカラーリングやパーマは
しないこと。
 
ヘアケアの大切さを知り
正しいヘアケアを
毎日続ける。
 
これで髪のダメージを
防ぐことができます。
 
後は
それを継続することです。
正しいヘアケアを毎日続ける
ことで髪のコンディションを整えて
美しい髪をキープできます。
The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/グロースハッカー 日々の何気ない出来事やヘアメイク・ヘアケア情報などなど、個人・美容師・プロデューサーとして感じたことを発信しています。 「何をやりたいか?」で今を選んでいき、毎日の喜びを誰かと分かち合えれば幸いです。
2016-05-14 | Posted in ヘアケアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment