「フリーで美容師をするメリットとデメリットについて教えてください」という質問に答えます。


今回は、匿名で質問ができる質問箱に来ていた質問に答えます。

という訳で、ブログで「フリーで美容師をするメリットとデメリット」について書いていきます。

フリーの美容師といっても、今は「フリーランス美容師」の定義が広いので…

今回は、雇用契約がない美容師さんのことをフリーの美容師さんとしましょう。

そうなるとメリットとデメリットは、とてもシンプルに見えてきました。

「フリーの美容師のメリット」

  • 自由な働き方ができる

「フリーの美容師のデメリット」

  • 社会保障費を自身で負担する必要がある

 

652EED21-0DC3-43A7-9FD7-A861A8937B09

シンプルに、フリーランスのメリットは自由な働き方が可能。

デメリットは、社会保障費を自身で負担する必要がある。

フリーランスになれば、雇用という縛りがない為、自分の思ったように働き方をデザインできます。

極端に言うと、昼間は美容師をして夜は飲食店で働くといったことも可能になります。

そのかわり

デメリットは、自身で社会保障費などの負担や確定申告など諸々の手続きが必要になる事です。

そして、誤解されていることが多い確定申告や税金などの手続きが大変そうという部分なのですがウェブで調べたりできるので思っているよりスムーズにできますよ〜。

雇用されているより確定申告した方が、給料から天引きされている税金のことなどもクリアになるので、一度調べてみると良いでしょう。

このように、匿名で質問できますので質問箱の方にお気軽に質問してください。
↓↓
匿名で質問してみる。

 

The following two tabs change content below.
サロンプロデューサー/グロースハッカー 日々の何気ない出来事やヘアメイク・ヘアケア情報などなど、個人・美容師・プロデューサーとして感じたことを発信しています。 「何をやりたいか?」で今を選んでいき、毎日の喜びを誰かと分かち合えれば幸いです。

関連記事

Comment





Comment